春が旬の食材

こころとからだの元氣プラザ 健康支援部
(元氣プラザだより:2017年3月号更新)

春といえば、新しい生活の始まりです!食生活や食事内容を見直す良いきっかけになるのではないでしょうか。朝食・昼食・夕食の3食を欠食せずに栄養素もバランスよく摂ることができれば生活リズムも整いやすくなります。

旬の食材を取り入れて楽しく、新しい気持ちで春を迎えましょう!
みなさん、「春」の食材は何を思い浮かべますか?今回は春の旬の食材とおすすめメニュー(レシピ)をご紹介いたします!

たけのこ

たけのこ

食物繊維が豊富で便秘やコレステロールを抑えるのにも有効です。さらに、カリウムが豊富に含まれており、体内の余分なナトリウム(塩分)を排泄してくれるため、高血圧にも有効です。

歯ごたえが魅力の春の野菜です!

アスパラガス

アスパラガス

アスパラガスにはアスパラギン酸(アミノ酸)が含まれています。新陳代謝を促進し、疲労回復などに効果があります。穂先がしまっていて、緑が鮮やかでまっすぐなものを選びましょう。

収穫して時間がたつと硬くなってしまいます。硬めに茹でて、冷凍庫で保存しましょう。

みつば

みつば

香り豊かな野菜です。糸みつば(水栽培。10~15cmになったら収穫)、根みつば(畑で栽培。根がついた状態で販売)などがあります。クリプトテーネンとミツバエンというみつばの香り成分は、神経をしずめ、ストレスや不眠などを改善し、食欲増進の効果があります。

木の芽(山椒の若葉)

木の芽(山椒の若葉)

たけのことの相性が良く、緑が鮮やかで香りが良いため、焼き物、煮物など料理の彩りとして用いられています。

簡単おすすめレシピ 「たけのこと味噌の炒め物」

材料(4人分)

たけのこと味噌の炒め物たけのこ … 大1/2
豚肉 … 200g
バター … 20g
味噌 … 大さじ3
酒 … 大さじ2
醤油 … 小さじ1・1/2
みりん … 大さじ2
水 … 150~200cc

作り方

  1. たけのこを食べやすい大きさに切る(3~5mm)
  2. フライパンを熱し、豚肉を炒める
  3. 2に火が通ったらバターと切ったたけのこを入れ、すこし焦げ目がつくまで炒める
  4. 味噌、酒、醤油、みりん、水を入れ中火で3分ほど煮る

※トッピングでみつばや山の芽を乗せると、より一層春を感じることができます!
※コレステロールがやや高めの方や体重が気になる方は、豚肉の脂身は控えめにすることを
おすすめします!

 

<おすすめコラム>
適正体重を維持するコツとは?
賢い外食の選び方、食べ方~昼食は600~700kcalを目安に~
食べすぎ解消のコツ ~ どうして食べすぎてしまうの?

ご精読ありがとうございました!

 

タイトル一覧へ

このページの先頭へ