水中運動のすすめ ~ 有酸素運動と筋力運動の組み合わせがより効果的

医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ
健康支援部 健康運動指導士 管理栄養士
(元氣プラザ便り:2018年7月号更新)

毎日暑い日々が続いていますね。こんな時は思い切って水着に着替え、プールで水中運動を行ってみませんか!

脱メタボには運動が不可欠なのは、皆さんご承知のことと思います。特に有酸素運動と筋力運動を組み合わせることで、より効果的に内臓脂肪を減らすことが期待できます。水中運動はこれらの運動を同時にできますので一石二鳥なのです。

水の特徴である浮力により下半身への負担が減りますので、膝や腰、股関節が痛い方でも楽に歩くことができます。合わせて、抵抗をうまく利用すること で、自分で負荷を調節しながら筋力運動をすることができます。また水圧の影響で血行がよくなるので、リラクゼーション効果もあります。

【水中運動の実際】

  1. プールに入る前に、必ず準備体操をしましょう。関節を動かしたり、ストレッチをすることで水中運動をより安全に行うことができます。
  2. 軽い屈伸運動や足踏みをしたり、ゆっくり歩いたりしましょう。緊張している筋肉をリラックスさせます。
  3. 色々な歩き方をしましょう。腕でしっかりと水をかきながら大股歩きをしたり、後ろ歩きやもも上げなど、普段のウォーキングでは行わないような歩き方をします。

全てを行う必要はありません。自分の体力や体調を確認しながら、少しずつ行いましょう。最初は30分程度から始め、慣れてきたら1時間程度を目安に してください。途中、休憩を挟みながら行っても構いません。また、目には見えませんが汗もかきますので、運動前後には必ず水分補給をしましょう。

日常生活の活動量を維持しつつ、運動のバリエーションとして水中運動を取り入れてみることをおすすめします!

<おすすめコラム>
適正体重を維持するコツとは?
ウォーキング

 

ご精読ありがとうございました!

 

タイトル一覧へ

このページの先頭へ