当センターの特長

みなさまの明日の健康と笑顔が、私たちの目標です。

当健診センターは、日本総合健診医学会の優良施設に認定され、マンモグラフィ検査施設画像A認定を取得した、健診専門の施設です。充実した検査機器による健診内容、スムーズな健診手順で受診いただけます。「医療はサーヴィス業」との考えから、温かな心で精度の高い検査をご提供し、事務、看護師、医師、検査技師など職員一同一丸となって、快適なサーヴィスに努めています。

1.質の高い検査

高精度な画像診断システムと精度管理

高精度な画像診断システムと精度管理高精度の画像診断システムを用いた専門医によるダブルチェック方式で、質の高い判定を行います。

また、女性にやさしい子宮がん検診を心がけ基本項目として内診・細胞診にコルポスコープ診・経膣超音波検査を加え、総合的に判定することで一次スクリーニングの精度を上げ早期発見に努めております。

 

臨床検査部門との連携で高度な精密検査まで可能

臨床検査部門との連携で高度な精密検査まで可能臨床検査部門では、熟練した細胞検査技師による細胞診、組織診を行っております。

血液検査・尿検査も精度の高さと迅速性を考慮して実施しておりますので、当日結果説明のご希望にも対応しています。

 

 

関連施設で精密検査が可能

健診風景-その5より精密なオプション検査(MRI検査、CT検査、CTを使用した内臓脂肪検査、高精度骨密度検査)のご要望は、関連施設「こころとからだの元氣プラザ」(飯田橋駅東口すぐ)で後日受診いただけます。



遠山 椿吉
(医学博士、細菌学者)
1857~1928

「すべての人びとの いのちと環境のために」

医療法人社団こころとからだの元氣プラザは、明治24年(1891年)遠山椿吉らによって医事衛生のための民間検査所として創業した一般財団法人東京顕微鏡院の 保健医療部門を平成15年(2003年)独立させて誕生しました。年間60万人以上の健診で培った経験・実績を元に、予防医療に軸足を置いた、総合的な医療の提供続ける一方、保健衛生思想の普及啓発活動などを継続 し、東京顕微鏡院と共に社会公益に貢献しています。平成31年(2019年)4月1日、創業128周年を迎えました

2.まごころのアフターケア

日常生活改善へのアドバイス

日常生活改善へのアドバイス健康サポートの一環として皆様の健康状況と生活習慣について、経験豊富な保健師・管理栄養士・健康運動指導士による面談方式のアドバイスを実施し生活習慣病予防の一助としてお役立ていただけます。

 

 

きめ細やかな対応

健診風景-その6早急に精密検査や治療が必要な疾患が疑われる場合は速やかにご連絡し、専門の医療機関へのご紹介などきめ細やかな対応をいたしております。


3.快適で機能的なフロア

ベイサイドホテル・アジュール竹芝のワンフロア。都心でありながら静かな恵まれた環境にあり、心穏やかに過ごしていただけます。ホテル17階の高みから、美しい東京港の眺望もお楽しみください。

健診風景-その4    美しい東京港の眺望

4.その他

施設認定
優良施設(日本総合健診医学会認定)
マンモグラフィ検査施設画像A認定(日本乳がん検診精度管理中央機構)
プライバシーマーク JISQ15001:2006準拠14200033(06)
主な紹介先医療機関
国立がんセンター中央病院、国立がんセンター東病院、国家公務員共済組合連合会虎の門病院、国立国際医療センター、東京都済生会中央病院、聖路加国際病院、東京大学医学部附属病院、慶應義塾大学病院、東京医科歯科大学附属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東京女子医科大学病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京医科大学病院、東邦大学医学部付属大森病院、杏林大学医学部附属病院、横浜市立大学医学部附属病院、国立病院東京災害医療センター、社会保険中央総合病院、佐々木研究所附属杏雲堂病院、北里研究所病院、埼玉医科大学附属病院、帝京大学医学部付属病院、東京厚生年金病院、東京逓信病院、公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院 等 首都圏55機関
お問い合わせ
関連施設のご案内

ページの先頭へ戻る