平成27年7月11日、「日本消化器がん検診学会」認定の研修会は、元氣プラザからライブ中継で撮影・解説、八巻悟郎先生の司会で行われました。

「日本消化器がん検診学会」認定 第10回“胃X線検査を楽しく学ぶ会”が開催されました。
こころとからだの元氣プラザX線検査室から昭和大学上條講堂にライブ中継し、第一部では当法人検査部重松綾技師による撮影解説が行われ、第三部「撮影のポイントから見た症例検討 ~アンサーパッドで楽しく学ぼう~ 」において、八巻悟郎先生が司会を務めました。
八巻先生は、開催前の個別相談コーナーにて、参加者の日頃の疑問や写真の評価等について対応しました。

日本消化器がん検診学会認定 胃がん検診専門技師 資格更新単位2単位の対象です。

日時 平成27年7月11日(土)13:55~18:05
会場 昭和大学 上條講堂
定員 200名
対象 胃がん検診専門技師および、画像診断の将来を担う若い医師・診療放射線技師の方々
内容

<第1部>基準撮影~ライブ~
(ライブ)撮影技師:変形胃 元氣プラザ 重松 綾

<第3部>撮影のポイントから見た症例検討~アンサーパッドで楽しく学ぼう~
司会:元氣プラザ 八巻悟郎

※“胃X線検査を楽しく学ぶ会”は、日常診療に役立つ消化管造影検査の撮影技術と読影力を学び、工夫し、普及させ、消化管造影検査に従事する人材を育成し、社会福祉に貢献することを目的とする研究会です。

顧問(幹事):細井董三 東京都がん検診センター
代表世話人(幹事):入口陽介 東京都がん検診センター
*元氣プラザの八巻悟郎先生は副代表世話人(幹事)を務めています。

胃X線検査を楽しく学ぶ会WEBサイト
http://www.ebasm.info

*元氣プラザの放射線科重松綾技師は、前任者並びに八巻悟郎先生の推薦により、日本消化器画像診断情報研究会(発足:昭和62年、会員:900余名)の事務局長に就任しました。

 

先生方の対外活動 一覧へ戻る

このページの先頭へ