日本産業衛生学会関東地方会
第265回例会・平成26年度地方会総会・拡大幹事会

産業保健部の坂本宣明 先生が、同地方会総会にてシンポジストを務めました。

日本産業衛生学会関東地方会

日時 平成26年4月26日(土)13:00~18:00
会場 東京大学医学部教育研究棟14F 鉄門記念講堂
内容
  1. 平成26年度地方会総会 13:00~13:30
  2. シンポジウム 13:40~15:40
    多職種連携若手の会共催シンポジウム
    関東地方会若手会員による『産業保健の明日を関東地方会から考える』

    座長:
    柳澤裕之(日本産業衛生学会 関東地方会長、東京慈恵会医科大学・環境保健医学・教授)
    能川和浩(千葉大学大学院医学研究院環境労働衛生学・助教)

    シンポジスト:
    坂本宣明(産業医、こころとからだの元氣プラザ)
    「これからの産業医活動 ~期待に応えて、超えていく~」

    新槙文枝(保健師、富士電機(株))
    「産業看護職の関わりから、社員の健康を会社の活力へどうつなげるか ~公衆衛生看護と経営の視点をもって~」

    小林由佳(臨床心理士、本田技研工業(株))
    「求められる産業保健に向けて:心理職の立場から」

    藤岡 萌(衛生管理者、三菱化学鹿島事業場)
    「若手衛生管理者の立場から(仮)」

    能川和浩(研究者、千葉大学大学院医学研究院環境労働衛生学・助教)
    「研究者が産業保健活動に貢献できること~産業保健スタッフとの連携について~」

    諸冨伸夫(行政、厚生労働省労働衛生課)
    「産業保健の明日を行政の視点から考える」
  3. 教育講演 15:50~17:50

    1)「ストレスチェックの法制化と産業保健スタッフの対応」(1時間)
    座長:横山和仁(順天堂大学医学部衛生学講座・教授)
    演者:廣 尚典(産業医科大学産業生態学研究所精神保健学教室・教授)

    2)「メンタルヘルス対策が腰痛対策としても重要な理由」(1時間)
    座長:小林廉毅(東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野・教授)
    演者:松平 浩(東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座・特任准教授)
  4. ワークショップ(教育講演3)
    「産業保健の研究方法論」 15:50~17:50
    (30名限定、先着順、2時間、教育講演と平行して開催 会場は、13F セミナー室)

    コーディネータ:
    堤 明純(北里大学医学部公衆衛生学・教授)
    スタッフ   :
    井上彰臣(産業医科大学産業生態学研究所精神保健学教室・助教)、
    津野香奈美(和歌山県立大学衛生学教室・助教)
お問合せ 東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野
担当 今村幸太郎(特任研究員)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 TEL: 03-5841-3521(秘書3364) FAX: 03-5841-3392
メールアドレス: kanto.reikai.265@gmail.com


先生方の対外活動 一覧へ戻る

 

このページの先頭へ